IOスタンドリング (取り付け方)

IOスタンドリング (取り付け方)

IOスタンドリング・使い方(※SYANTOシリーズ共通)

最適に使うための、カスタマイズ法

  SYANTO Vリングは、ケースから出るリングの長さによって、持った感覚が大きく変わります。大きく分けて「長め・普通・短め」と分かれております。 まず初めて使用される方には、「短め」をおすすめしております。  両面テープのついている、製品上部の貼り付ける部分を上にしていただければ、「短め」に、下にしていただければ「長め」にすることができます。  「短め」に使用すると、小指とスマホとの密着度が増すため、安定感が増加します。一方、「長め」に使用すると密着度は減少しますが、操作できる範囲が広くなり自由度が増します。   

最適に使うための、持ち方

 SYANTO Vリングは、一番おすすめで、最適な持ち方をご紹介してります。スマホを覆うように「握らない」「小指の先端にリングをかける」この二点を意識してスマホを持つだけで今までとは違うスマホの持ち心地を体験できるでしょう。  上の画像は、スマホの側面まで手が覆ってしまっています。そうなると、スマホを垂直に立てることが難しくなり、姿勢が自然と丸くなってしまいます。  上の画像が、弊社が推奨している、SYANTO Vリングの魅力が一番感じやすい持ち方です。人差し指と中指は、スマホの背面に添えるだけ、リングは小指の奥ではなく、先端にかけます。

>DO2W

DO2W

「 本革の新次元ホールド感 」